愛知文化服装専門学校

APPAREL TECHNICAL アパレル技術専攻科

Student’s Voice

STUDENT'S VOICE 他では学べない技術まで、とことん学べる。毎回わくわくする気持ちで授業を受けています。

加藤 沙英

鶴屋ファッション株式会社 内定(ミシンオペレーター)
 アパレル技術専攻科/名古屋市立桜台高等学校 ファッション文化科 出身

普段は学ぶことができないような技術について、細かい部分まで教えてもらえるので、毎回わくわくする気持ちで授業を受けています。紳士ジャケットを作れることも魅力でした。
服作りが好きなので、今後は芸能人の衣装やハイブランドなど、いろいろな服の製作に携わっていきたいです。

授業紹介

  • ドレーピング3

    ドレーピング3

    デザインを常に立体と平面を両立して考え作業できるよう、応用デザインのドレーピングをします。

  • 被服構成3

    被服構成3

    製図をひき、自分で選んだ布を裁断、縫製して1着ずつ丁寧に製作します。部分縫い・デザインアイテム・紳士ジャケット・紳士パンツ・商品企画作品・自由作品・ファッションショー作品・デザインジャケット

  • アパレルCAD

    アパレルCAD

    工業用パターンの作成からグレーディング・マーキングなどを行います。

  • パターンメーキング3

    ジャケットの応用パターンメーキング、トワルコンテスト作品、デザインアイテム

  • ファッションビジネス3

    急速なグローバル化の中、ビジネスに即応できる感性、思考力と課題解決の自己能力を養い高めます。高度なビジネス情報の分析を重ね「自力発信」を目指します。

  • ファッションデザイン画3

    情報社会におけるアパレル産業の現状をグローバルな視野で理解し、就職試験対策をします。実務をふまえての実践的なデザイン提案をします。

  • 企画・産業デザイン

    チームでブランドを開発し、アパレル商品(アクセサリーを含む)の企画、製作を行います。学内に店舗設営をし、実際に販売することで企画の精度を確認します。

  • カラーコーディネート

    業界の動向をふまえ、トレンド色の分析や、商品企画に必要な色彩計画を学びます。

  • CG

    イラストレーターを使用し、ハンガーイラストの作成をします。

  • 被服素材論

    流行の素材に実際にふれながら、特性を理解し、実践に活かします。また、素材の産地について学びます。

  • ファッション英語

    ファッションに関する英語表現を学びます。

  • その他

    ・就職ガイダンス ・社会学 ・市場調査 ・教育実習