愛知文化服装専門学校

COLLEGE 学校概要

最良の教育環境

本校は、文化人や知識人の住宅地区と言われる名古屋の文教地区に位置し、交通の便も良く、勉学には最適の環境にあります。教職員、学生とも欧米各国のファッション研修旅行に、また各種の研修会、ファッションショーに積極的に参加するなど、最新の情報収集にも力を注いでいます。
本校は、独立行政法人日本学生支援機構の奨学金貸与制度の適用校として認定されています。また中日新聞奨学生指定校でもあり、本校独自の学費貸与制度もあります。本館と別館の各教室は、すべて冷暖房が完備され、学習に際して必要なミシン(工業用ミシン・ベビーロックなど)は学生1名に1台の割合で用意され、ベビーロックには常に豊富な色数の糸が用意されており、いつでも自分の布地にあった糸で縫うことができるようになっています。このように、実習に必要な設備はすべて完備しているため、教育設備としても最良の環境が整えられています。

優れた就職実績

女性の社会進出が一般化されて久しくなりますが、専門の知識技術を身につけ、仕事に対する情熱と誇りを持って活躍できることは、人生を楽しめることになります。特に高度化の目覚ましいアパレル産業は、多様化、専門化してきており、魅力ある職業として注目を集めています。
本校では学生の能力と適性に合わせ、デザイナー、パタンナー、コーディネイター、スタイリスト、アドバイザー、縫製技術者など、プロとして社会で活躍できるよう指導しています。就職指導は、4月に総合的なオリエンテーションを開き、その後学生一人ひとりの適性に合った職場・職業を選ぶために、学校長・就職担当・教師が個人的にきめ細かく相談に応じています。
また、会社見学をしたり、インターンシップに参加し産業界の方の実地指導を受けたり、卒業生からの貴重な体験を聞く等、7月からの就職試験に備えます。本校の着実な指導が産業界の各方面から高く評価され、毎年その実績をかわれ、「貴校の卒業生は、実力があり、即戦力として活躍して頂けるので、今年も是非」と熱心な求人申込を受けています。
卒業生のほぼ全員が就職を希望し、修得した専門技術をいかせる職場にこの不況化でも抜群の就職率を達成しており、待遇面でも大学卒以上の好条件で迎えられています。こうした実績は目的意識を持った良きライバルとの厳しい中にも充実した学生生活からプロとして技術的にはもちろん責任感の強い人間性豊かな人材として成長できる本校の教育環境から培われるものだと自負しています。
入社後は学生時代の基礎の上に各企業で素晴らしい活躍をしている人も多く、結婚後も引き続き勤める人がほとんどです。5~10年勤め、その後家庭に入る人もありますが、退職してからも時間的なゆとりと仕事を続けたい意欲がある場合は、フリーのデザイナー、パタンナー、サンプル作り等として仕事をすることも可能です。また、洋裁の教室を開いたり、アトリエ・ブティック等の経営者として活躍している人もいます。
衣は生涯欠かすことのできないものです。若い時代に磨いた感性や知識技術は、一生の財産となります。あなたも多彩な服飾の専門分野のスペシャリストとして活躍してください。

愛知文化服装専門学校
学校名 学校法人 愛知文化服装専門学校
所在地 愛知県名古屋市昭和区広見町6-68
新校舎(2018年1月以降)
愛知県名古屋市瑞穂区川澄町一丁目5番地
電話番号 052-851-1117
FAX番号 052-851-1118
理事長・学校長 八木 和久
設立 1936年
E-mail fashion@aichi-bunka.ac.jp
WEB http://aichi-bunka.ac.jp/