愛知文化服装専門学校

APPAREL アパレル科2年

Student’s Voice

STUDENT'S VOICE 自分のやりたいことが形になり日々の成長を実感!

小山 潮

アパレル科2年/名古屋市立桜台高等学校 ファッション文化科 出身

最近は、ドレーピングの授業を頑張っています。
ドレーピングとは工業用ボディに布を直接当てて服の形を作ることです。パターンメーキングと交互に行うことで次第に理解が深まるので楽しいです。
机上では気づかないようなシルエットを発見できることも魅力です。先生も親身に対応してくれます。

授業紹介

  • パターンメーキング

    パターンメーキング

    実際にジャケットやブラウスを作りながら、素材選びから仕上げまでの基礎知識を習得します。

  • ファッションデザイン画1

    CG

    イラストレーターやフォトショップを使用しイメージマップや縫製仕様書を作ります。

  • ファッションビジネス2

    ファッションビジネス2

    アパレル産業の構造と現状を製造業から流通業・消費者にいたる流れをたどります。

  • 被服構成2

    柄物の場合の製作理論、工業用パターンの縫製方法・メンズ原型を学びます。

  • 生産管理

    量産仕様書の書き方と素材の特性・可縫性について検品方法やクレーム処理について学びます。

  • ドレーピング2

    工業パターン化を進めながら、基本的なブラウス・ワンピース・ジャケットのドレーピングをします。

  • カラーコーディネイト2

    商品企画に必要な色彩計画と、ショップ展開を意識したカラーコントロールの実践学習をします。

  • ファッションデザイン画2

    2年生は1年生で学んだ事のレベルアップと、コンテスト作品を仕上げていきます。

  • CAD

    コンピューターを使用して、基本パターンの修正・展開などをし工業用パターンを作成します。

  • 産業デザイン

    業界情報やマーケット情報(市場調査)の分析からデザイン企画マップの作製を通しプレゼンテーションの方法を実践的に学びます。

  • 材料学2

    素材の名称と織り、編みの基本構成。また天然繊維と化合繊の特性を理解し、素材を年間の時系列で把握し、マップを作製することによりビジネスとしての素材の特性と展開時期の理解を深めます。

  • その他

    ミシン操作法 生活実習 就職ガイダンス