愛知文化服装専門学校

APPAREL アパレル科2年

在学生の声

山本朱莉/ アパレル科B 2年

名古屋市立桜台高校 ファッション文化科卒

高校のときから服飾を学んでいましたが、一からしっかり学び直したいと思い、服作りの基礎を大事にしている愛知文化を選びました。一度作ったことのあるものでも、思っていた以上に知らなかったことが多く、一年でたくさんの知識と技術を身につけることができました。残りの一年、より多くのことを身につけられるよう頑張ります。

河合美憂/ アパレル科C 2年

名古屋文化短期大学 総合美学科卒

将来ウェディングドレスや結婚式にゲストが着るフォーマルドレスやタキシードをデザインしたいと思っていました。この学校は幅広く学べるので、専門知識以外のことも勉強できますし、将来多くの仕事を視野に入れることができます。先生のサポートもあり、夢の職業に内定が決まりました。

被服構成2

平面構成論

基礎パターンメーキング理論2

造形理論

柄物の場合の製作理論、工業用パターンの縫製方法・メンズ原型を学びます。

造形実習

デザインアイテム・格子ジャケット(背抜き)・ファッションショー作品・カッターシャツ

パターンメーキング2

ブラウスの応用パターンメーキング。ジャケットの応用パターンメーキング。パターンメーキング技術検定2級対策。

生産管理

量産仕様書の書き方と素材の特性・可縫性について検品方法やクレーム処理について学びます。

ドレーピング2

工業パターン化を進めながら、基本的なブラウス・ワンピース・ジャケットのドレーピングをします。

カラーコーディネイト2

商品企画に必要な色彩計画と、ショップ展開を意識したカラーコントロールの実践学習をします。

ファッションデザイン画2

2年生は1年生で学んだ事のレベルアップと、コンテスト作品を仕上げていきます。

CG

illustratorを使用し、ハンガーイラストの作成をします。

ファッションビジネス2

アパレル産業の構造と現状を製造業から流通業・消費者にいたる流れをたどります。

CAD

コンピューターを使用して、基本パターンの修正・展開などをし工業用パターンを作成します。

産業デザイン

業界情報やマーケット情報(市場調査)の分析からデザイン企画マップの作製を通しプレゼンテーションの方法を実践的に学びます。

材料学2

素材の名称と織り、編みの基本構成。また天然繊維と化合繊の特性を理解し、素材を年間の時系列で把握し、マップを作製することによりビジネスとしての素材の特性と展開時期の理解を深めます。

その他

ミシン操作法 生活実習 就職ガイダンス