愛知文化服装専門学校

VOICE 卒業生の声

竹内 佑季 さん 竹内 佑季 さん
PEOPLE INVOLVED IN THE FASHION 01幅広い知識を武器に、
わくわくする洋服作りをしたいです。

竹内 佑季さん / デザイナー

タキヒヨー株式会社
2018年 ファッションデザイン専攻科 卒業
愛知県立岩倉総合高等学校 総合学科 出身

私は現在、キャラクターを扱ったベビー服のデザイナーをしています。仕事のなかでも愛知文化での学びが活きる場面は多く、しっかりと基礎から学ぶことができたことで、現在の仕事に役立っていると感じます。特に、ファッションラボの授業では、実際の企業での仕事内容と同じ手順で企画・プレゼンをすることで、実際の仕事の流れを知る貴重な機会となり、今の仕事にも活きています。今後も学校での学びや体験を活かし、着る人も着せる人もわくわくしながら着てもらえるようなベビー服の企画を考えていきたいです。
デザイナーの仕事をして一番良かったことは?
ずっと夢だった子ども服のデザイナーになることができ、さまざまなキャラクターを扱った企画を考え、お客様が笑顔になる洋服の製作に携われること。
竹内さんの仕事
私は新生児からキッズを対象とした洋服のデザイナーとして、展示会商品を中心に図案の作成、仕様書の確認、サンプルのチェックを行っています。「夢と楽しさ」をモチーフにした商品を市場に送りだしています。
平野 可奈さん 平野 可奈さん
PEOPLE INVOLVED IN THE FASHION 02先生方の丁寧な指導が
最大の魅力だと思います。

平野 可奈さん / CADオペレーター

株式会社エフビー
2018年 アパレル技術専攻科 卒業
愛知県立尾北高等学校 普通科 出身

私が愛知文化への入学を決めた理由は、入学前に見学に来た時に雰囲気がよく、やりたかったCADがあったことが決め手になりました。在学中は、パターンをひくことや縫うことを時間内に終わらせることが難しく、きちんと計画を立てて進めることが大切だと実感しました。在学中に感じた学校の最大の魅力は、クラスメイトはもちろん、先生との距離も近いので、分からないことは遠慮することなく質問することができ、助けてもらえる環境があるところだと思います。
CADオペレーターの仕事をして一番良かったことは?
学校でCADを使っていたため、入社後も戸惑うことなく円滑に仕事を進められるなど、自分でできる業務が少しずつ増えてきたこと。
平野さんの仕事
私の仕事は、パタンナーさんから届くパターンを、生地の特徴などをふまえて縫代を付け、完成の形をイメージし、工場へと送るためのパターンへと直します。発送時に必要な書類の作成も私の仕事の1つです。
道岡 由依さん 道岡 由依さん
PEOPLE INVOLVED IN THE FASHION 03大好きなファッションを
仕事に繋げる環境があります。

道岡 由依さん / ソーイング

株式会社丸福商店(COSMOS)
2018年 アパレル技術専攻科 卒業
至学館高等学校 家政科 出身

現在、私はソーイングスタッフとして働いています。しかし、仕事では縫製以外の業務も行うことがあり、在学中にファッションについて幅広く学ぶことができたことが、今の仕事に役立っています。また、楽しい仲間や親身になってくれる先生方のおかげでファッションのことがより好きになりました。ファッションは好きだけど、将来について迷っている人にも、幅広い内容について学べる愛知文化はとても良いと思います。私は、洋服には着る人を笑顔にする力があると思います。手に取ったお客様の毎日が明るくなるような洋服作りをしていきたいです。
ソーイングスタッフの仕事をして一番良かったことは?
今の職場では、縫製以外にもさまざまな業務があり、学校で学んだことを活かすだけでなく、たくさんの知識や技術が身についたこと。
道岡さんの仕事
私は、婦人服のソーイングスタッフとして、既製服やオーダーメイドの洋服を作っています。それぞれのお客様のご要望に耳を傾け、裁断から仮縫い、本縫い、お直しまですべてを行い、時にはパターンをひくこともあります。
中野 世南さん 中野 世南さん
PEOPLE INVOLVED IN THE FASHION 04ファッションショーで経験した
グループワークが今の仕事に活きています。

中野 世南さん / コーディネーター

株式会社ブラス
2018年 アパレル技術専攻科 卒業
名古屋経済大学高蔵高等学校 普通科 出身

私はドレスショップでウェディングドレスやタキシードのコーディネーターとして勤務しています。チームワークが必要な現在の仕事において、在学中、ファッションショー実行委員として、様々な意見や考え方のある中で企画構成をまとめ、進めていくプロセスを経験できたことが、大変役立っています。自分がやってみたいと思うことを、全力でサポートしてくれる先生方がいたからこそ、一生懸命になれたと思います。ウェディング業界に就職したのも、先輩に勧められてです。指導してくれる方の存在は大きく、とても大切だと思います。皆さんも悔いがないようにがんばってください。
コーディネーターの仕事をして一番良かったことは?
おふたりらしい最高に素敵なブライダルスタイルをコーディネイトし、新郎新婦に満足していただけたことや、結婚式という特別な日の衣装をご提案できることです。
中野さんの仕事
私は、株式会社ブラスというハウスウエディング事業を展開する会社の、ドレスショップ「ビードレッセ名古屋店」でコーディネーターとして勤務し、結婚式という特別な日の衣裳をコーディネイトしています。